蓮華岳&針ノ木岳 針ノ木峠テント泊 2019/09/07-08

針ノ木峠泊で蓮華岳と針ノ木岳に登ってきました。2日目の天気もよかったので、種池まで回れればとも思ったけど、膝の具合いや下山後の用事等々で針ノ木雪渓往復としました。天気に恵まれて、どちらの山も素晴らしい展望。どちらかと言えば、蓮華岳から見る景色の方が好みかなと感じました。針ノ木岳はカッコいいので、周りの山から見る山かな。

  • 日程: 9月7日(土)~8日(日)
  • 天気: 9/7 快晴!  9/8 快晴!
  • メンバー: T世
  • 温泉: 大町温泉郷 黒部観光ホテル(手形利用、通常800円)
  • 食事:
  • 登山口情報
    扇沢駐車場は登山口に近い有料駐車場と、登山口から離れた市営無料駐車場があります。無料駐車場は競争率が高くて早朝には満車になることが多いです。確実に駐車するなら前夜のうちに入っておくべし。トイレは有料駐車場にあって24時間利用可。
コースタイム

1日目

  • 扇沢(5:45)
  • 大沢小屋(6:45)
  • 針ノ木峠(9:10~10:35)
  • 蓮華岳(11:55~13:35)
  • 針ノ木峠(14:35)

2日目

  • 針ノ木峠(6:50)
  • 針ノ木岳(7:40~55)
  • 針ノ木峠(8:30~9:05)
  • 大沢小屋(10:50)
  • 扇沢(11:35)

1日目 蓮華岳 扇沢から針ノ木峠

針ノ木岳あたりには人は少ないけど、登山口が大人気の立山と同じ扇沢。扇沢も北アルプスの他の登山口と同様に、駐車場の争奪戦から。キャパが大きいから早朝発で大丈夫かと思いきや、恐らくラスト1台とか2台とかだったのでは…?しかも、軽の利を生かして狭いスペースに入り込みました。最悪、有料駐車場という保険はあります。無料駐車場に停めようとするなら、前夜のうちに入っておくしかなさそう。

扇沢から針ノ木峠へ

大沢小屋までは作業道を使います。帰りは登山道を歩いたけど、やっぱり作業道の方が楽で早いです。雪渓はノドに少しだけ残るのみ。道はもちろん秋道です。普段の年よりかなり少ない感じ。針ノ木雪渓は南北に伸びています。谷の左側を歩く時は日陰で涼しく、右側を歩くときは灼熱地獄でした。

前後を歩く人はポツポツ程度だけど、テント泊比率がかなり高かったような…。のんびり登りたいところだけど、着順を意識してしまいますね。

針ノ木岳の登山口です
1回目の高巻きです 針ノ木峠が見えてますね~
雪渓はノドに少し残るのみ
針ノ木峠への最後の登りです
最後の登りを上から

針ノ木峠に到着 とりあえずテント張ります!

3時間半弱で針ノ木峠に着きました。地図の時間はけっこう甘目。テントを張る場所は受付時に指定するとHPにあったけど、今日は混むから指定はしません、詰めて張ってください…とのこと。先着は2組しかなかったので、まだ選びたい放題。稜線のまあまあの場所をゲット!携帯の電波は入ったり入らなかったりの繰り返し(ドコモ)。

針ノ木峠到着!
槍ヶ岳もバッチリ見えております
左から八ヶ岳、富士山、南アルプス
後立山は白馬岳までクッキリ!
まずまずのポジションゲット!

蓮華岳を往復しにいきます!

チンタラとテントを組み立ててもまだ10時前。このぶんだと蓮華&針ノ木どちらにも余裕で登れます。…が、しんどいので明日にとっておきます。今日は蓮華岳へ。コースタイムオーバーのペースでゆっくりと登りました。となると写真の枚数も増えますな。景色の他にもドライフラワー化した花を撮ったりと。

ひと登りして針ノ木峠
剱岳が顔を出してきました
針ノ木岳&スバリ岳
ニセ蓮華への登り
ニセ蓮華への登り
たおやかな蓮華岳の稜線の向こうにカッコいい針ノ木岳
立山も出てきた!
たおやかな蓮華岳の稜線の向こうにカッコいい針ノ木岳
安曇野が見えてきた!
ニセ蓮華までもう少し
やっと蓮華岳が射程距離に
蓮華大沢右俣の滑り出し 最近ご無沙汰だな~
最後の登り
歩いてきた稜線を振り返ります

蓮華岳山頂では1時間半以上まったりしました~

南北に連なる北アルプスにして、蓮華岳と針ノ木岳は東西に並んでいます。東にある蓮華岳は下界からよく見えます。東西に長い頂稜なのでボリュームたっぷり。安曇野にある我が家からもよく目立っています。当然、蓮華岳からは下界がよーく見えます。

そんな大きな緩やかな山なので、蓮華岳自体を歩いてても緩やかな気持ちになれますね。展望の方も手前の景色は緩やかな蓮華岳で、その向こうには針ノ木岳や立山&剣のトゲトゲしい山々。対照的で面白い景色です。

下りても暇だということもあるけど、山頂に1時間40分も居座っちゃいました。景色も天候も最高ですね。北アルプス、南アルプス、八ヶ岳、富士山、上信越の山々…と、見えてる限りすべて快晴です!みなさんどこに登っても大当たりだったことでしょう。

剱岳アップ!
蓮華岳頂稜の一番端っこに三角点がありました
北葛岳へと続く縦走路
蓮華岳山頂に鎮座
蓮華岳の東尾根 うっすらと踏み跡が残っています
安曇野と富士山 我が家も写ってるかな?
後立山連峰
イワベンケイの寄せ植え

蓮華岳を堪能し針ノ木峠に戻ります

下りものんびりと歩きます。正面に針ノ木岳や立山&剱を見ながらの贅沢な散歩。今日は午後になっても雲が沸いてきません。自分たちが行ったなかで、この夏一番の天気じゃないかな~。

来た道を戻ります
剱岳を見ながら帰ります
アップで種池山荘と鹿島槍
船窪状を行く
蓮華岳周辺に咲いていた花たち

針ノ木峠に戻ってまったり~

テントに戻ったのが2時半すぎ。まだまだ時間はたっぷり。…というか、暇。持参ビールは到着時と蓮華岳山頂で飲んだので、テン場に戻ってきて小屋で購入。ビール350ml、発泡酒500mlどちらも650円。迷うことなく発泡酒ですね!発泡酒でノドを潤したあとは、ちびちびと焼酎で。薄暗くなる6時半には眠りに落ちてました。

テン場に戻って麒麟淡麗
日陰になるまでが暑かった!

2日目 針ノ木岳 針ノ木峠から扇沢

せっかく昼までは天気良いんだから、起きれたら種池まで足を伸ばそうか…なんて話してたけど、明るくなるまで寝てしまいましたね…。予想通りというか。夜の冷え込みはあまりなかったです。そこら中に台風いるからな~。最近恒例の棒ラーメンが朝飯。こってりスープだったので、このあと異常にノドが乾きました。

まずは針ノ木岳に登ってきます

針ノ木岳に向かいます。1段登ったところにテン場あり。1段といってもそこそこ登るので、今日は張った人はいなかった?さらに1段上のお花畑は既に秋の様相です。マヤクボカールと針ノ木岳とスバリ岳の間から見えてくる剱岳がカッコイイ!針ノ木岳と蓮華岳は高さは似たようなもんだけど、距離が近いので針ノ木岳の方が早く登れますね。

朝の針ノ木峠
針ノ木岳を往復しにいきます!
今日も朝からすかっ晴れ!
針ノ木岳とスバリ岳
マヤクボカールのキレイな斜面
スバリ岳のコルから剱岳出現!

針ノ木岳山頂 今日も快晴です!

蓮華岳と見える山は似てますが、大きく違うのは蓮華岳は下界の眺めが良いこと。針ノ木岳は黒部湖越しの立山が見えること。そして、剱岳がグッと近くなります。山が尖ってるので高度感もありますね。今日も見渡す限り快晴!このあと台風が来るとは思えない天気です。のんびりしてもいいけど、このあと下山が控えてるので長居はしません。

針ノ木岳山頂です
スバリ岳へと続きます
剱岳アップ!
高瀬ダムと槍ヶ岳
薬師岳と五色ヶ原にかけて
針ノ木岳山頂です
黒部湖と立山 黒部湖の縁取りがいい感じです
蓮華岳は逆光
富士山

名残惜しいけど針ノ木峠を後にします

テント撤収して下山開始。きのう登ってた時間より少し遅いので、日陰の時間はわずかで、ほぼ日向。暑かったです。程よい間隔で水が流れてるので、そのたんびに顔と首を濡らして冷却。帰りは大沢小屋からは登山道で帰ります。距離が少し長くなるのと、細かいアップダウンが多いぶん時間がかかるのかな。

針ノ木峠を後にします
無理でしょう・・・
ノドの下から

下山後の温泉など

扇沢に着いて自販機でコーラ!棒ラーメンのノドの渇きがまだ残ってて、炭酸の美味しいことといったら!温泉は黒部観光ホテル。ここでゴロちゃんにバッタリ!登るときにも扇沢の切符売り場で並ぶS川家に遭遇。違う山に登ってたのに、登山前と下山後に会うという不思議。

夏山
スポンサーリンク
シェアする
ぶなぱうをフォローする
山登りのページ ぶなぱう

コメント

タイトルとURLをコピーしました