白馬 杓子尾根の裾で遊ぶ

高いところに雪が降ってしまったので、標高を上げないよう杓子尾根の裾で遊んできました。猿倉から白馬尻の手前で出合う追上沢を詰め、1800mちょいまで登って滑るというプチ山スキー。午後からは天候悪化の予報も出ていましたし…。白馬は主稜線まで登ろうとすると大変ですが、杓子岳から派生する尾根は、末端あたりでもよい斜面があるので、お手軽に遊ぶことができます。

白馬 猿倉in 杓子尾根の裾で遊ぶ(2021.4.30)
  • 日程: 2021年4月30日(金)
  • 天気: 晴れのち曇りのち晴れ
  • メンバー: T世
  • 温泉: 家
  • 食事: 家
  • 登山口情報: 猿倉の駐車場はガラガラでした
コースタイム
  • 猿倉駐車場(7:45)
  • 追上沢出合(8:40)
  • 標高約1800m(10:00~40)
  • 追上沢出合(10:55)
  • 猿倉駐車場(11:15)
朝7時半でこの空きよう

猿倉の駐車場はいつもより少ないですね~

7時過ぎに猿倉に着きました。いつもなら近いスペースは混んでるけど、今日はガラガラです。GW中とはいえ平日だし、GWだと分散するのかな?やっぱりコロナの影響が大きいのか?いずれにしても、空いてるってことはいいことだ。

猿倉からの山スキーは最近ではGW明けてから来ることが多いです。なので、単純な比較はできないけど、今年の雪融けの速さからすれば、まあまあ残ってるのかな…という印象です。ちゃんと駐車場からずっとつながっていました。一部、あと数日かなってとこはありました。

一応駐車場から雪はつながっています

心配していた残雪はまずまず残ってます

天気は快晴!でも風が強い!白馬の主稜線あたりは雪煙が舞い上がりまくりです。稜線直下とかどうんな状況なんだろう?下の方の状況としては、長走沢は雪でビッシリ覆われてて、出合いも全く問題なく埋まってます。金山沢の出合いも全面雪でつながっています。意外と残ってる感じ。1月の貯金を使い果たさずに済んだみたい。

稜線は雪煙舞ってますね
長走沢
金山沢出合 まだ余裕でつながってます

追上沢を詰めていきます

追上沢へと入ります。雪面はちょっと凸凹。昨日はだいぶ雨が降ったからかな。雪質も少しベタつき感がありました。気持ちよく滑れるかは微妙だな~。まあ、滑りはともかく天気は快晴なので、ロケーションを楽しむとしましょう。

お昼までは晴れてるかと思ったら、9時過ぎあたりに主稜線あたりから雲に覆われ始め、どんどん増殖して太陽を隠すまでになってしまいました。さっきまで青空に新雪が映えてたのに、どんより暗い雰囲気に。滑る時は晴れてて欲しいなあ…。

追上沢?を詰めていきます
このまま登っていけば杓子岳
昨日の雨の影響か一部で縦溝ができ始めてます
杓子尾根の魅力は白馬岳から小蓮華山にかけての展望
白馬沢を登っていく人が見えました 怖そう
あの見えてるコルまでは登ってみよう
このウネウネ感は先週の黒沢池ヒュッテ裏斜面に似てる

1802mコルのちょい上までで本日はおしまい

ということで、1802mの小さなコルの一段上までで今日はやめとくことにします。ここで大休止。空は曇りがちだけど気温は程よくて、いつの間にか風もやみ、のんびり休むことができました。休んでるうちに、みるみる空を覆っていた雲が減っていき、あっという間に元通りの快晴に!これで気持ちよく滑れるぞ!休んでたら2名様が登って来られました。どこまで登る予定なのかな?

ちょっと雲が増えてきた
白馬の稜線はすっかり曇っちゃいました
と思ったら晴れてきた
滑る頃には快晴に!
ここで大休止してました
小日向山にも人影がチラホラと

天気は良いが雪はイマイチ

さて、滑りです。今日はお待ちかねでもないですね~。そんなにひどくはないけど雪面は凸凹してて、雪質は吸い付く感じです。ストップ雪まではいかないけど、全体的に板が走らないという状態ですね。斜度あるところはいいけど、緩いところはストレス感じる。最後の林道が滑らなくて疲れたな。まあ、不安定な天気が続くGWの中で、今日は快晴の中で山スキーできたので満足度は高いです。帰りの道中には雨も降り出してきたので、上手くいった感がありましたね~。

この先まだまだ続くGW、どんな展開になることやら~

白馬 猿倉in 杓子尾根の裾で遊ぶ(2021.4.30)
見下ろす感じも滑る意欲が湧いてくる

コメント

タイトルとURLをコピーしました