鳥海山 山スキー 祓川から七高山 2022/5/5

2022年GWは東北へ。その最終日は鳥海山です。早く帰りたいので道路に時間制限のない祓川から七高山を往復してきました。空模様的には申し分のない晴れ!ただ、前日に比べると弱くなったようだけど、依然として強めの風が吹いていました。さらに、29日に降った新雪がなかなか馴染まず、未だベタ雪となって分厚く積もってます。新雪部分はまともに滑れず…。大半が新雪だったかな~。少ないザラメ区間も凸凹あったりで、気持ちよく滑るってわけにはいきませんでした。ま、晴れて景色が良かったからヨシとしましょう!

  • 日程: 2022年5月5日(木)
  • 天気: 晴れ 風強い
  • メンバー: T世
  • 温泉: なのはな温泉田田
  • 食事: 新月 酒田ラーメン
  • 登山口情報: 祓川🅿 5時半着で下の段が半分程度 下山後は路駐の列
コースタイム
  • 祓川6:00)
  • 七ツ釜避難小屋(7:15)
  • 七高山(9:00~30)
  • 祓川(10:25)

祓川の駐車場の埋まり具合が気になるところ

前夜は象潟の道の駅で車中泊。かなり広い道の駅なのに満車になるからスゴイ!偶然まー君がいたので、夜はプチ宴会でした。4時に起きて祓川へ。昨日からの風はここでは収まってます。天気は快晴!昨日の霞みも解消されてていい感じ。祓川の駐車場には5時半着。当然、上の駐車スペースは埋まってて、下の段が半分くらいの埋まり具合でした。とりあえず、無事停めれてホッ…。下山時には路駐の列が長蛇でした。

道の駅では収まっていた風ですが、祓川まで登ってくると結構強く吹いています。今日でこの強さだと、昨日はホントに爆風だったんだろうな~。結構途中で敗退してる人多そうでしたんで。今日はこれ以上強くならなければ敗退はなさそうです。

6時ちょうどに祓川を出発

6時ちょうど発。遥か彼方に七高山の山頂が見えています。標高差は1100mほど。数字的には順調にいけば3時間ほどかな。でも、見えてる感じがめっちゃ遠いです。たまに見えなくなるけど、ほぼ見えてるので登ってて辛いですね。しかも斜面に変化はあるものの単調で、ひたすら登るしかないです。沢詰めて尾根に出て・・・とか変化があれば気も紛れるんですけどね。登山としてのこのルートは面白くないです。登山的にはブルーラインからが数倍楽しい。

最初から見えてる七高山、遠い・・・
まだ登る人は疎ら
七ツ釜避難小屋で休む人たち

七ツ釜避難小屋から上は新雪が残ってます・・・

わりと早めの出発にもかかわらず、登ってる人は多いです。前後左右どこかに人がいます。例年だとスキーの人が大半を占めると記憶してますが、今日は歩きの人が多かった気がします。七ツ釜避難小屋の少し下くらいから、29日に降ったと思われる新雪が現れ始めます。登るにつれ新雪部分は分厚くなり、シュカブラ化してたり。これは滑りは修行間違いなしだな~。今年のGWは天気も雪もハズレですな。

だいぶ近付いてきたけどまだ道半ば
山頂直下 この白い新雪部分が登りは楽だが滑りは地獄

ちょうど3時間で七高山に登頂!

ちょうど3時間で七高山へ。いつもと違うコースだなあと思いながら登ってたんですが、あとでログ見たら夏道に沿うように登ってたみたい。夏道に沿うように竿も立てられてました。どこを登ってもそうは変わらないでしょうね。まだ時間的に早めなので、山頂は程よい混み具合だったかなあ。下を見ると蟻の行列。あと1時間か2時間もすれば、山頂は黒山の人だかりになると思われます。

山頂標柱は墓みたい
今回は新山は行かない
遠くに稲倉岳が見えてますな~ 今年行くつもりが機会なかった
外輪山と千蛇谷
新山に向かう人がたくさんいました

登りルートから少しずらして滑ります

風が強いし帰りのこともあるので、とっとと下ることにします。登りルートを滑るのが人が多くてナンなので、1本右のラインを滑ることに。小尾根を越えると向こうにザラメのラインが!山頂付近はどこも分厚い新雪がシュカブラ状に溜まってるのに、見る限りはそこだけ古い雪=ザラメ雪がある程度下までつながってます。ちょっと離れるけど、そこに行くしかないでしょう!

ということで、標高差にして300m弱ほどザラメを滑りました。雨の影響なのか多少の凸凹はあったけど、まあまあ快適に滑れました。300m滑ったその先はほぼ新雪に覆われてて、板が走らない試練の滑り。早めに登りルートに戻るってもんだな。そこそこ登りルートから離れてる自覚はあったけど、地図見たら思ったよりずっと離れてました。結構意外。

何故か奇跡的にここだけザラメの縦ライン
標高差300mほどザラメを滑れました やや凸凹ではありましたが
ひと滑りして見上げてみます

登りルートへと延々のトラバース

ここからは延々とベタ雪のトラバース。ベタ雪なのでトラバースも捗らずでした。普通ならトラバースするの勿体ないとか思うけど、今日の場合は勿体ないとも何とも思わず…。どうせこの雪は滑っても楽しくない。七ツ釜避難小屋の下で登りルートに復帰。ちょうどそのあたりから新雪はなくなってザラメに。ここらも凸凹は多めだけど、白いとこ滑るに比べると天国です。中間は新雪ベタ雪地獄だったけど、上の方と下の方でザラメ滑れたし、天気がよかったのでヨシとしましょう!しかし、前回の祓川とは雲泥の差、天と地の差でしたね。前回は超快適ザラメだったもんで…。

新雪が出てきたらトラバースして登りルートの方へ
七ツ釜避難小屋から下は新雪なくなってザラメ

下山後の温泉とラーメン

早く帰りたいとは言いながら、酒田ラーメンの新月に寄ってみます。ここは過去3回、営業時間内なのに売り切れ閉店してた相性の悪いラーメン屋さん。今日はさすがに12時台なので大丈夫でしょう。逆に行列できててどうしようか…って感じで。心配はよそに回転が早くて、思ったよりは早めにありつけました。ラーメンは美味しかったです。3回のオアズケ後の今日だったので、勢いで大盛りを注文。めっちゃ量が多くて最後は苦しかったです。

温泉はなのはな温泉田田にて。このGWは土日のETC割引が適用されない。ガソリンも高いというのに辛いところ。新潟西から糸魚川までの痛い出費になりました。最終日も東北で山に登るとなると、全部下道で帰るというのは難しいよな~


 山など温泉ラーメン他道の駅
4月29日柳津観光テルメ柏陵うえんで寒河江
4月30日月山山麓BC 大岫峠周辺水沢温泉麵辰村田
5月1日仙台城、牡蠣夢実の国カキ焼き処、麺屋 奏三本木
5月2日栗駒山ラフランス温泉館丸長紫波
5月3日三陸 霞露ヶ岳ハイキングユートランド姫神らあめんサンド西根
5月4日姫神山 ハイキングぽぽろっこ弥太郎象潟
5月5日鳥海山 祓川から七高山なのはな温泉田田新月

コメント

タイトルとURLをコピーしました