山スキー

冬の楽しみはなんといってもコレ、山スキーです。滑る楽しみはもちろんだけど、スキーの機動力を生かしてあちこち歩きまわるのが好きです。なので、雪が落ち着いて日が長くって、山深いところに入っていける3月以降が好きなシーズンかな。

山スキー

白馬 旭岳 山スキー 2021/5/15

大雪渓から旭岳に登ってきました。恐らくこれが2021年シーズンの滑り納めです。旭岳は北面でもなく東面でもなく、登ってきた南面を滑りました。滑りは物足りないけど、帰り道が近くて良いってことで。期待していなかった大雪渓が思いがけず楽しめました。
山スキー

八甲田山 酸ヶ湯から毛無岱 山スキー 2021/5/7

秋に歩いた毛無岱がいいとこだったので、雪のある時期は堂かなと思って訪れました。しかし、湿原に雪が積もるとただの雪原なだけ。湿原はやはり夏とか秋の方が見どころありますね。滑るとこもないし不完全燃焼気味ではありますが、まあどんなとこかわかったのでヨシとします!
山スキー

八幡平 小畚山&大深山 樹海ラインから 2021/5/6

八幡平から岩手山の間で一番人里から離れてて人気のなさそうな小畚山に登ってきました。樹海ラインから入り、大深岳の南東斜面を滑ってから小畚山に登り、小畚山の北東斜面を滑って大深岳へと登り返します。斜面も素晴らしいけど、何と言ってもロケーションが最高!
山スキー

会津駒ヶ岳 山スキー 2021/5/4

雪が少なくて登山口から約600m、約2時間のシートラ。上の方はまだまだ雪は豊富です。この日は快晴で尾瀬の山々、越後の山々、日光の山々などなど素晴らしい展望でした。前日の雪で山は真っ白に化粧直し。そのぶん雪は湿っぽくて、テレマークにはちと厳しい雪でした。
山スキー

白馬 杓子尾根の裾で遊ぶ

前日は高いところで雪が降ったので、標高を上げないように杓子尾根の裾で遊んできました。白馬は主稜線まで登ろうとすると大変ですが、杓子岳から派生する尾根の末端あたりにも素晴らしい斜面がたくさんあります。時間がない時など、お手軽山スキーを楽しめます。
山スキー

景鶴山 山スキー 2021/4/26

登れる季節が限られるということで難関の300名山、景鶴山に無事登ってきました。奥深くてもっと大変な山かと思っていましたが、奥深いわけでもなく、山の難易度も高くはない感じ。ただ、実質登山口でありますヨッピ吊橋までの長いこと。アプローチが核心だな。
山スキー

黒沢池ヒュッテ裏斜面 2021/4/24

今年2021年の笹ヶ峰林道開通シリーズは黒沢池ヒュッテ裏斜面。ガランノ沢ツアーでいつも登り返しに使っているこの斜面。景色も斜面も素晴らしいので、登りながら滑ってみたいなあといつも思っていました。今回はこの斜面を滑ることを主目的に行って参りました!
山スキー

焼山北面台地から西面を無駄に彷徨う 2021/4/11

焼山北面台地から富士見峠に登って、そこから海川の源頭部を探索してみようとしたが、謎の体調不良で断念…。症状的に高山病だったかも?海川源頭はあきらめて、焼山の裾をトラバースしながら北面台地に復帰。無駄に彷徨ってしまいました。天気が良かっただけに勿体なかった。
山スキー

鍋倉山 山スキー 2021/4/10

4月に入っての今期初の鍋倉山。今年は雪融けが異様に早くて、新緑鍋倉もどうなることやらわからない…。とりあえず定番鍋倉に行っておけてよかったです。昨日の新雪で少し化粧直し。滑る雪はネットリ系。天気も曇り。微妙な鍋倉だったけど、出会いがあったのがうれしかった!
山スキー

鳥海山 月山森 山スキー 2021/3/20

鳥海山の中腹にある月山森へ三の俣から登ってきました。登山口が300m弱という低さなので、中腹の月山森でも標高差1350mほどあります。山頂からはこれぞ鳥海山!というロケーションを満喫。滑りはナイスザラメで板が走ります。春スキーを堪能です!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました