鹿俣山 山スキー 2021/2/20

鹿俣山でプチ山スキーしてきました。登りが短く滑りも短いけど、ぼちぼち満足。北斜面には軽い雪が積もってて、気持ちよく滑れました。展望はあまり期待してなかったけど、上州武尊山が近くて迫力あって、北には谷川岳から巻機山にかけてのパノラマが広がります。

行程が短いので、今日みたいな遠征初日や最終日に持ってくると効率よさそうです。また、もう少し行動範囲を広げると満足度が高まるかも?範囲をどこに広げるかは、これから検討ってとこだな。

  • 日程: 2021年2月20日(土)
  • 天気: 快晴!
  • メンバー: T世
  • 温泉: 道の駅白沢 望郷の湯(580円/2時間) JAF割あり
  • 食事: 永井食堂 もつ煮定食
  • 登山口情報: たんばらスキーパーク 1回券550円×2枚 🅿1000円
コースタイム
  • たんばらスキーパークTOP(10:20)
  • 鹿俣山(10:35)
  • 1685m東のピーク(11:10~55)
  • 約1350m登り返し点(12:15~30)
  • スキー場(12:50)

天皇誕生日の連休は谷川岳を挟んで群馬と新潟の山を計画。2週連続の東北を目論んでたけど、東北方面の天気が芳しくないことからの転進です。初日は鹿俣山、2日目は日光白根山、3日は日白山を計画。腰痛が心配だったけど、天気に恵まれて計画通りに事が運んでくれました。

たんばらスキーパークのリフトを利用して鹿俣山すぐ下まで

鹿俣山はアプローチがスキー場利用で、山の行程も短いので、安曇野を朝発します。ざっと5時に出て9時着くらいかな。おっと!駐車場に入る時に1000円徴収されてしまった。リフト券はリサーチしたけど、駐車場代は忘れてた。関東に近いからな。関東に近いからか、お客さんも相当に多いです。一応、緊急事態宣言発令中です。ま、スキーはリスク低いか。乗り合わせの車以外は。

1回券(550円)2枚でスキー場のてっぺんへ。たんばらスキーパークはブナに囲まれた雰囲気の良いスキー場でした。天気は快晴!遅めの出発なので山に入ったと思われる足跡多数。スキーの跡は見当たらなくて、ほぼスノーシューみたいな感じ。最近は山はボーダー率高くなった気がするなあ。気のせいかなあ…?

たんばらスキーパーク 良い雰囲気のスキー場だ
スキー場トップで準備
ひと登りしたとこでスキー場トップを見下ろします
まずまずのブナ林を歩いてまずは鹿俣山へ

雪庇の尾根を辿って1685mへ

ひと登りで鹿俣山の看板がぶら下がるピークへ。とくに展望も何もない平凡なピーク。地図的にはここらへんから北に滑り込めば夜後沢の源頭を滑れるけど、現物としては灌木が濃くて滑れる雰囲気ではない。とりあえず1685mの尾根が分岐するピークまでは行ってみるとします。1685mまでは南側に雪庇が発達した尾根。

鹿俣山の先でボーダー軍団に遭遇。ガイドツアーかなあ。1685mに近付くにつれ、夜後沢の源頭部が快適っぽく変わってきました。木立の隙間から谷川岳などが見えてたけど、1685mからは谷川岳、朝日岳、巻機山へと続く山々が、邪魔物ナシで見渡せました。ボーダー軍団は稜線の少し下を巻き気味に進みます。いいとこから滑り込む目論見か?ウチらはお初なので尾根通しで。

鹿俣山の山頂はなんてことない山頂
先客のボーダー軍団
正面に武尊山を見ながら雪庇の尾根を進みます
夜後沢源頭より先に行くトレースあり
谷川連峰から越後山脈までのパノラマ
谷川岳主要部
巻機山あたり
笠ヶ岳なのかなあ?

1685m東のピークからは迫力のある武尊山が望めました

さらに1685mの東側ピークまで行くと、武尊山がドーン!見えました。今日ここに来るまで、鹿俣山の位置関係よくわかっていませんでした。武尊山から西に派生する尾根上にあるんですね。武尊山はとんとご無沙汰してるんですが、これを見せられると登りたくなりました。夏に歩きと沢登り(川場谷で来てるので、今度は紅葉の時期かな~。

1685mと武尊山の間にある獅子ヶ鼻山を登ってる人たちがいました。スキーかなあ?武尊山登山の人もいそうだし。鞍部あたりにも人影が。とりあえずウチらはここで終了。ピークは狭いので、少し戻った谷川岳の眺めが良いところで休憩&滑る準備をしよう。

1685m先のピークまで行くと武尊山がグイっと近づく

夜後沢源頭部は軽い雪のぶなぱう

雪はどうかな~?一昨日には新雪が降ってるはず。滑ってみると軽くて滑りやすい。浅いパウダーってとこかな。斜度は緩めだけど、よく走る雪なので楽しいです。ひと滑りしたらボーダー軍団が登り返してました。ここを繰り返し滑るんだな。

夜後沢の源頭部は、ほぼ真西に向かって下っています。滑る斜面は左岸の台地。なので、北斜面となります。北斜面のブナ林ということで、雪質の保存期間は長そう。長く滑ると沢芯に下りてしまうので、早めに滑るのやめてトラバース。そしてまた滑る。これの繰り返しでした。長く滑りたければ、長くトラバースするしかないか。遅い出発にもかかわらず、ずっと誰も滑ってないまっさらな雪を滑ることができました。ラッキーだったな。

1350mくらいまで滑ると谷地形がハッキリしてきて、自然に滑りにくい斜面になります。通常はここで滑るのやめて登り返しなのかな。ずっと急だった左側の尾根が1350mのところで台地状になります。これが目印。適当に登りやすいところをトラバース気味に登ってれば、勝手にスキー場に辿り着くって感じの登り返しでした。あとはゲレンデ滑って終了です。

谷川連峰に向かって滑降開始!
程よい樹間のブナ林
雪質はずっとまずまずでした
登り返してスキー場に戻ります
無事スキー場に戻ってきました

下山後の温泉ともつ煮

今日は下山後ラーメンではなく、渋川の永井食堂のもつ煮定食が狙いです。かなりの有名店のようです。閉店時間は15時。それには間に合いそうだが、早仕舞いしてたらアウト!10分前くらいに行ったらセーフでした。席も空いてました。注文したら吉野家並みの早さでもつ煮定食が来た。こりゃお客さんの回転早いな。

沼田に戻って望郷の湯で汗を流します。流すほどの汗はかいてないけど。建物のわりに狭い風呂だった。道の駅が併設されてて、今晩はここで泊まることにします。車中泊の車もなかなか多いぞ!みなさん遊びまわってますね!


コメント

  1. […] 群馬・新潟遠征の2日目は日光白根山。ちなみに前日は鹿俣山。沼田の道の駅白沢で泊ってました。1時間弱で丸沼高原スキー場です。スキー客多いですね!鎌田の交差点までは数珠繋ぎでした。丸沼高原スキー場に行く車も多い。駐車場代1000円払って、結構離れたところに停めさせられました。 […]

タイトルとURLをコピーしました